うさぎが快適に過ごせる温度と湿度!

今回はウサギが快適と感じる温度と湿度について、またそれを保つ方法についてご紹介します。

うさぎが快適に過ごせる温度
うさぎが快適に過ごせる温度は、18~24度くらいだとされています。
快適と感じられる温度差が人間とうさぎは同じくらいってことですね。
また、過ごしやすい季節も人間と同じく「春と秋」です。

ただ、年間を通して室内の温度を18~24度に保つのは現実的にちょっと無理ですよね。
季節的な問題もあるし金銭的にもとても難しいのが現実です。

うさぎからすると多少ストレスかもしれないけど、夏の間は24~26度くらいの温度設定にして、
冬の間は20~24度くらいの温度設定が妥当だと思います。

夏場は室温があがりやすく、暑さ対策を何もしていないと室内が28度以上になることもざらにあります。
近年の猛暑日では30度を超えることもあります。

そんな暑い部屋の中にいるウサギはたまったもんじゃないですよね!
体温調節ができなくて熱中症を引き起こしてしまいます。

夏場は、エアコンや風通しをよくしたり、保冷材などを使用して部屋の室温に気を付けてください。
また、暖まった空気は上に上がるのでケージは高いところには置かないように。

高いところにケージを置くことはないでしょうけど(笑)

うちでは、暑さ対策のために大理石を使っています。
アルミボードと同様に放熱性があるので買ったんですけど、全然のってくれないですね。

アルミボードも使ったんですけど、使ってくれないですね。
ウサギからすると、ツルツルした感じが嫌なのかも?って気がします。

冬場は朝晩の気温が下がるため、日中に比べて室温の変化も大きくなります。
また、空気の乾燥がしやすく、暖房などで室温が上がると室内の空気が乾燥してしまい、呼吸器官のトラブルの原因となります。

冬場はコタツやストーブなどを使用するので、温度とは別の危険がいっぱいです。

部屋んぽの最中など、サークルを使ってウサギが近寄れないようにしてください。
また、外出するときには、点検をしてから出かけるようにしましょう。

うさぎが快適に過ごせる湿度
うさぎが快適に過ごせる湿度は、40~60%くらいだとされています。
湿度も温度と同様に、快適と感じられる湿度が人間とうさぎは同じくらいですね。

湿度が高いとウサギの毛が湿ってしまい、通気性が悪くなります。
そうすると、皮膚疾患が発生するリスクが出てきます。

また、湿度が50%以上になるとダニやカビが繁殖し、60%を超すと増殖します。
ってことは、湿度が高くなるとウサギにあげている水やペレット、トイレや寝床などの飼育環境がダニやカビに汚染されていくってことです。

考えただけでゾッとする!
あとで、掃除します!

また、湿度が40%以下になると、今度はウイルスやバクテリアが増殖するとされています。
空気が乾燥すると鼻や喉の粘膜が乾燥し細菌やウイルスの感染を起こしやすくなります。

湿度が高くても低くても病気や衛生面でリスクがあるってことですね!
湿度を40~60%に保つのは、温度管理より難しそうですね。

梅雨時は乾燥させないといけないので、エアコンの除湿機能やケージのそばに乾燥材や古新聞などを置いておくと湿気を取ってくれます。

冬は乾燥しているので加湿器を使うといいです。

まとめ
今回は快適と感じる温度と湿度について、は、

また、梅雨時はどうしても湿気が多くなるので、湿度が高くなりがちです。
四季の中で湿度に気を付ける季節は、梅雨時と冬だと思います。

コメント