ウサギを飼う前に知っておきたい事前準備

ペットショップなどでウサギさんを見て、可愛いから飼ってみたいな!って思ったことないですか?

僕は、お尻のプリっとしているところが気に入って、ウサギを飼うことにしました。
飼う前に色々調べて準備をしていたんですけど、「これ買い忘れている」なんてことがあったので、最低限のものは事前に準備しておきましょう。

うさぎを飼うのに最低限必要な物
・ケージ・すのこ・トイレ・エサ入れ・水入れ・かじり木・キャリーバッグ・グルーミンググッズ・計量器

このくらいは準備しておいた方がいいですよ。
あとは、どこに病院があるのか調べておいた方がいいです。

この記事では、これからウサギを飼う人向けに知っておいてほしい内容や準備について書いています。

というわけで、心構えやかかりやすい病気、飼育にかかる費用や飼育に必要なものなんかをまとめています。

うさぎを飼う心構え

うさぎさんは生き物なので飼い始めてから都合が悪くなってしまっても、簡単に捨てたりすることができません。
なので、ここでは、うさぎを飼う心構えについて知ってほしいです。

うさぎはそこまで世話がかかる動物ではないので、飼いやすい動物だといえます。
ですが、日々のお世話はちゃんとしないといけません。

トイレの掃除や水の交換、エサの準備やブラッシングなど、他の動物と同じようにする必要があります。
また、うさぎはとてもデリケートな動物なので、飼育環境の改善やストレスなどの対処、うさぎの健康管理が必要です。

うさぎを飼う心構えとして知っておいてほしいことは、可愛いだけで飼うのではなく、ちゃんとウサギと向き合ってほしいってことです。
うさぎは喋れないでど、何かしらのサインを飼い主に送っています。
日々のお世話や遊びの中で、そのサインを見逃さないようにしてあげてくださいね。

ウサギがかかりやすい病気

ウサギも人間と同じように病気にかかります。
ここでは、知っておいてほしい病気をまとめてみました。

消化器系の病気

毛球症(もうきゅうしょう)
食滞・鼓腸症(しょくたい・こちょうしょう)
コクシジウム症(こくしじうむしょう)

これらは、過度のストレスや体力の低下などが原因で病気になるといわれています。
新鮮な牧草やペレットを与えるようにする。適度な部屋んぽをさせたり、ストレスのない環境にするなどに心がけるとよいです。

皮膚の病気

ソアホック(足裏の皮膚炎)
皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)
耳ダニ(みみだに)
湿性皮膚炎(しっせいひふえん)

ウサギの皮膚は湿気に弱いので、こまめにブラッシングをして皮膚の状態を確認してあげると予防になります。
特に夏場や湿度の高いときは気を付けてくださいね。

歯の病気

不正咬合(ふせいこうごう)

ウサギの歯は、牧草やペレットを食べることで歯を削っています。
なので、やわらかい食べ物ばかり与えていると歯が伸びすぎてしまいます。

牧草主体の食事を与えてください。

目の病気

結膜炎(けつまくえん)

不衛生な飼育環境だと結膜炎(けつまくえん)になりやすくなるので、日頃からケージ内の掃除をしましょう。

呼吸器の病気

スナッフル
肺炎(はいえん)
パスツレラ症

細菌感染によるもので、くしゃみや鼻水が出ます。
風邪のような症状が出ますので、くしゃみや鼻水が出たら病院に行くことをお勧めします。

泌尿器・生殖器の病気

尿石症(にょうせきしょう)
子宮内膜炎・子宮ガン(しきゅうないまくえん)
乳がん(にゅうがん)

尿の量や色がいつもと違わないかを気にしておくといいです。

その他の病気・怪我

骨折(こっせつ)
斜頚(しゃけい)
膿瘍(のうよう)
熱射病(ねっしゃびょう)

飼育にかかる費用

ウサギの飼育にかかる費用は、最初に必要なものを揃えれば月の費用として何千円くらいだと思います。
ただ、夏場や冬場の温度管理にエアコンの費用がかかります。

うちは、夏場や冬場のエアコン代が8000円くらいでしたね。
ほぼ付けっぱなしなので、ご家庭によってはもっと高くなるかもしれませんので。

保冷剤をケージの上に載せて置いてエアコンをタイマーで稼働させたりすると電気代を若干抑えられますよ!

関係ないんですけど、エアコンって夏場の冷房より暖房の方が電気代がかかるって知ってました?
なので、冬場はペットヒーターを活用するなどの対策をすると電気代を少し抑えられます。

病院にかかる費用や爪切りなどの出費も考えておく必要があります。
爪切りは500円程度でやってもらえるのでいいですけど、病気などの費用は突然なので別で用意しておくと安心です。

うちのウサギは今まで病気かかったことがないので費用はわかりません。
病院によって診察費用が違うと思います。

飼育に必要なもの
ウサギを飼うのに必要なもの

ケージ
サークル
すのこ
トイレ
エサ入れ
水入れ
かじり木
キャリーバッグ
グルーミンググッズ
計量器

ここに挙げたのは最低限、これくらいは揃えておく必要なものなので、これ以外にも揃えておくといいです。
必要なものを揃えて、うさぎと楽しい生活をおくってください!

コメント