出会い系で出会った石川県の女性との夏のエロい思い出

この話は、10年位前の出来事だったかな。
出会ったきっかけは出会い系のワクワクでした。

会うまで半年くらい間があいて、いざ会いに行ったらハプニングの連続で、めちゃくちゃ記憶に残ってます。

とはいえ、半年間はちゃんと電話で楽しんでましたよ。

あの熱い夏のエロい思い出

このときは、暇つぶしにワクワクの日記を見てたと思います。
で、気になった内容にコメントをしながら会話を楽しんでた気がします。

何日かやり取りをして、僕からメールをしたと思います。

余談ですが、僕がメールを送る場合はポイントのことは気にしないで暫くポイントを使いまくります。
そうすると相手からメアド交換をしよっていってくるので。

しばらくメールのやりとりをして、会う約束までしたんですけど、距離的になかなか行けなくて半年くらいメル友っぽい関係をしてたかな。

で、とうとう会うチャンスが訪れたのです!
このとき、田舎のばあちゃんの所へ僕の母と行くことになったのです。

「今しかない!」って思いましたね。
ばあちゃんの家が新潟だったので、この機会を逃したらもう会うことはないなって。

我ながら鬼畜やなって。
今なら絶対行かないですもん。

そうそう!彼女は21歳の女子大生だったと思います。
容姿は、ちょっとぽっちゃりだったと。

で、何日に新潟へ行くのか。
会うのは何日の何時って約束をして新潟へレッツゴー!

思いもよらないハプニング連発!

ばあちゃんの家に泊まり、約束の日がとうとうやってきました!
約束の時間は、確か15時くらいだったと思います。
事前にカーナビをセットして出発の時間をソワソワしながら待ってました。

家を出る時間になったので高速を使って、待ち合わせ場所まで爆走です。
高速を降りて気分よく運転しているとハプニング発生です!

携帯を見ようとしたら、携帯が見つからない!
どこに置いたのか必死に探しましたよ。
携帯がないと待ち合わせ場所に行ってもすれ違うかもしれないし。

でも、見つからない…ばあちゃんの家に忘れてきたかも!
どうしよ~!ばあちゃんの家の電話番号なんて知らないし!

もうすぐ着いちゃうよ!

とりあえず、戻るのもめんどくさいから、待ち合わせ場所に行ってみよう。
もしかしたら、会えるかもだし…。

…いないよね!
もうね、頭フル回転だよね !
で、昔ばあちゃんの家がお店をやってたのを思い出してカーナビで検索したら電話番号が出たのよ。

ばあちゃんの家に電話にて携帯を忘れていないか聞いたら、案の定忘れてたみたいで、「電話あったよ」だって。
もうしょうがないから、電話してもらって自分がいる場所を伝えてもらったよ。

で、その後ちゃんと会えたんで、やることやって帰ってきたよね。

帰った後、親戚の子にいろいろ聞かれたのが一番恥ずかしいわ。
出会い系ってバレてたと思う。

またまたハプニング!

もうね。開き直って 次の日も会いに行っちゃうことに。
鬼畜ですよね~。
完全にやりちぎってやろう的な考えだよね。くそ野郎です。

今回は下道で行ってみようかなって、ちょっと冒険気分です!
まぁ、すぐに後悔したんですけどね。

山道!山道!山道!
うんざりするくらい山道!楽しかったのは最初の登りと下りくらいだったわ。

しかも、またまたハプニングだよ!
何キロ出てるのか、メーターを見てみたらガソリンマークが…!
「これダメでしょ!山道だし…」。

全然山道から脱出できない。
「マジでヤバいんじゃね?」カーナビ見ても山しか映ってないし。
最悪の事態を想像するよね…。

すると、原付に乗った警察官を発見!
「うぉ~!神様ありがとう」マジで感謝したよね。

僕「すみませーん!ガソリンスタンドって近くにないですか?」
警「ガソリンないの?」
僕「はい!ガソリンマークついちゃって」
警「大丈夫?この先を下った左側にスタンドあるよ」
僕「ホントっすか?ありがとうございます!」

よし!出発するか!
…。
どこにあるの?
…。
この先って、どのくらいの先よ!
…。
ってイラついてたらスタンド発見!一安心。

最後のオチ

ヒヤヒヤしたけど、無事に待ち合わせ場所に到着。
ご飯を食べて、ホテルへ…。

トイレから出てきた彼女が一言…生理になっちゃった!
…ちゃんちゃん。

まとめ

今回は、まとめいらんくね?
何か言うとしたら、僕っていつもの日常と違うことしたり、どこかへ行ったりすると、必ずネタができる(笑)

っていうか、タイトルの「夏のエロい思い出」のエロい内容なかったね。

コメント