ライブの集客方法

アマチュアバンドの集客について!
素人バンドだとはっきり言って来てくれるお客さんって、友達か知り合いの仲間内ですよね?

友達や知り合いだと、ライブを連発すると毎回は来てくれないですよね?
まぁ、そもそもがファンじゃないから仕方ないんですけど。

じゃ「どうやってライブに呼ぶのさ?」って声が聞こえてきたのでお答えします。

インターネットを活用して、演奏をアップロードする。
SNSも活用して、フォロワーを増やす。
ファンコミニティを作る。
ブログを作って活動などを掲載する。

ここまでは他のサイトやブログで紹介している内容なので、割愛します。
ここからは、ちょっと違った試みを紹介します。

ライブの集客方法

僕が紹介する方法は、上記の方法プラスαで行う方がいいと思います。
その方法とは、「メジャーバンドのコピバンをやる」ことです。

オリジナルの曲をやっているバンドさんは、今更コピバンと思うかもしれませんが、それには理由があります。

メジャーバンドにはお客さんが既についていますよね?
ファンのコミュニティも既にあります。

そのコミュニティに参加している方は、仲が良いグループでオフ会を行ったり、コンサートの後に仲が良いグループで集まって情報交換などをしているんですよね。

そこに参加することで、ライブを行ったときに来てくれる可能性が高くなります。

ライブハウスを満員にする方法!

ここからは、過去に僕らがやったライブを参考にした提案です。

例として、Bzのコピーバンドをしているとします。
全国には、Bzのコピーバンドが沢山いますよね。

そのコピーバンドを一か所に集めてライブをするんですよ!
そうすることで、Bzのファンコミニティで話題性ができるので、来てくれる可能性が増します。

っていうか、僕らがやったときは満員でした。
しかも、お客さんは本家のファンなので、演奏していると自分たちの曲を演奏しているみたいな感じで、物凄く楽しいです。

お客さんも参加で打ち上げを企画しておこなうと、次のライブの話がでたりして盛り上がります。
また、ライブをお客さんが手伝ったり企画してくれたりもします。

お客さんが企画に参加してくれると、友達やコミニティの仲間を呼んでくれるので、演奏する側としては、すごく助かります。

仮に、オリジナル曲をやりたいバンドさんなら、2曲だけオリジナルにするなどの工夫をするといいかもしれません。

集客には時間がかかるのでコツコツやっていくのがいいと思います。

まとめ

ライブの集客には時間がかかるので、まずは土台を作ることをお勧めします。
僕が提案した方法は、実際にライブハウスが満員になったときの話なので、やってみてはどうでしょうか?

コメント